宝物

初宮詣・七五三・厄除・方位除・交通安全・安産・縁結び・商売繁昌・合格祈願・除災招福・病気平癒は埼玉県川口市の鎮守氷川神社 トップ > 宝物

「自立の炎」絵画奉納経緯

鎮守氷川神社宮司は、当時神道青年全国協議会(全国の若手神職約3000名)の副会長を拝命していて、当会の45周年を記念し、各界著名人をお招きし「神社新報紙面対談」の第1回目にお会いしたのが横尾忠則先生で、それを契機に個人的にお付き合いが始まり、仲間として会食、観劇などご一緒させていただいているうちに意気投合したのがきっかけとなりました。
宮司がいう、「神社は文化伝統の宝庫であるとともに、未来を映す"鏡"的な役割を果たさなくてはならない。」というコンセプトと横尾忠則先生の作品(未来投射的霊力を感じる作品)との合体から何かが生まれるであろう。という意見に、先生が深い理解と誠意で応えてくださり、鎮守氷川神社社務所新築工事竣功に合わせて、平成6年10月20日にご奉納頂いた絵画です。

ご覧になりたい方は、お気軽にお声かけ下さい。


横尾忠則先生プロフィール
横尾忠則(画家)
公式HPはこちらから
1936年
兵庫県西脇市生まれ。
1969年
第6回パリ青年ビエンナ−レ展版画大賞他受賞多数。
1972年
ニューヨーク近代美術館で個展を開くなど国際的に高い評価を受ける。
1981年
グラフィックデザイナーから画家に転向。
以後パリ、サンパウロ、バングラディッシュ、ベネチアの各ビエンナーレに招待出品。
絵画、版画のほか、陶版、立体作品、ビデオ、デジタルアートなど幅広く製作を展開している。
ニューヨーク近代美術館、ボストン美術館、東京国立近代美術館他内外75の美術館に作品が収蔵されている。


「吉兆」

全体から受ける印象は、神社という概念から逸脱することなく、日本と世界。宇宙と地球。過去と未来。時間と空間。天と地。正と邪。月と太陽。聖と俗。かみとひと。等々「対象の均衡」ともいえるバランスの妙が、わずかな空間に堂々と描かれているように見えるのは、私だけではないと思えるが。横尾氏は言う。「人それぞれの感性で見て欲しい。私の作品に説明はいらない。」・・・と。
宮司敬白

・中央に当社鳥居。神域、聖域の入り口を示す。
・左上のぶどうは、世界に共通する「豊穣」を表す。
 実り、酒を示し、日本の豊穣は、鳥居に掛かる「シメ縄(稲)」となる。
・右上の竜は、当社手水舎の水口。
・雲の上に太陽(天照皇大御神)、下に月読命、その下に須佐之男命、これらは、兄弟神にて、三貴子と呼ばれる。
・太鼓と祓は、御神前のもの。
・左の御神札(おふだ)は、当社のもので、右の御神札は、伊勢神宮内宮のものをモチーフにしてある。
・左の御神札の下には、当社の御朱印が押されている。(宮司が一枚ずつ押し、お祓いをしたもの。)
・中央下、大願成就の文字が見えるもの、参道左に立つ、江戸時代に作られた「灯籠」の台座である。
・須佐之男命が乗る馬は「御神馬(ゴシンメ)」と呼び、神の使いである。
・バックの五色(緑、黄、赤、白、紫)は、陰陽五行(木・土・火・金・水)を表す。
・大願成就の左の文字は神代文字で、対象の右にその書き下しがある。
 ・・・八雲立つ 出雲八重垣 妻籠(ツマゴミ)に 八重垣作る その八重垣を・・・
 という和歌で、須佐之男命が、妻(櫛稲田姫命)を娶るときに呼んだ日本最古の和歌とされている。



「スサノオ」

日本古来の誇りうるべき精神文化の復活を期するために・・・。

政治、経済の乱れを一蹴するために・・・。

授与
一部10万円にて授与しております。
★電話注文のみのお申し込みとなります。 TEL:048−252-5483


作品について

・画面右上に、氷川神社の御祭神『素盞鳴命(スサノオノミコト)』と『稲田姫命(イナダヒメノミコト)』の夫婦が登場している。
そのスサノオノミコトが、勇ましく剣を右手に『高天が原』から大日輪をバックに颯爽と地上に降りてくる。
また、それを見るイナダヒメノミコトの眼差しは、「期待」に満ち溢れている。
『暗雲立ちこめる現状』といえる今の日本に、《勇神》が舞い降りる。

・版画にある5つの英語の意味
 Faithful ・・・・・・・ 忠実な。誠実な。忠義な。
 Eternal Life ・・・・・・ 永遠の命(平和)。
 Purification ・・・・・・ 清めること。浄化。
 Purifierd Soul ・・・・・ 浄化された霊(たましい)。
 Spirit of the Sun ・・・・ 太陽のこころ(精神)。

・この版画には、ご祈祷を済ませ3ヶ所にご朱印が捺されています。

「鎮守氷川神社の原風景の輝き」絵画奉納経緯

「心の原風景」をコンセプトに神社を中心に活動を展開して行きたいというお話を賜ったのが始めての出会いでした。
「スターリーマン」という幸せの風船を届ける役目を持つ主人公と、私達神職の役目と波長が合うことから意気投合。
今回「奉納絵画」第一作目として―鎮守氷川神社の原風景―と題して奉献していただきました。

はせがわいさお先生プロフィール
はせがわいさお(画家)
公式HPはこちらから
1956年
福島県会津若松市に生まれ
1979年
日本大学芸術学部美術(現デザイン)学科卒業
二科展入選/中美展入選
ヤマハラケット海外向けポスター
(現在オランダのスポーツ博物館に展示)
1980年
第8回サロン・デ・ボザール展入選
1983年
東京ディズニーランドのパビリオン壁画
1992年
資生堂イベントキャンペーンポスター
1996年
埼玉新都市交通・ニューシャトル
「若田光一さん宇宙飛行記念乗車券」イラスト
2002年
銀河高原ビール「氷川きよしボトル」イラスト
2003年
ミキハウスグループより「Isao Hasegawa」ブランド発売開始
2010年
「全会津文化祭〜会津エンジン05〜」講師
作品について

鎮守氷川神社の原風景の輝き

スターリィマンは 美しい日本の心の原風景を
未来へと届ける旅をしています

みんなの夢を叶える9つの風船に
たくさんの感謝の星を輝かせながら

この道は鎮守氷川神社へと
尊い輝きが室町時代より受け継がれ
稲穂の恵みの風になって
温かいきずなをつなぎながら

いつまでもいつまでも
みんなに元気を
みんなに幸せを
祈り続けていきましょう

絵:はせがわいさお お話:はせがわ芳見



  • お問い合わせはtel:048-252-5483 fax:048-252-7799まで 受付時間 8:00〜17:00
  • お問い合わせページへ
〒332-0031
埼玉県川口市青木5-18-48
アクセスマップ
モバイルブログ
携帯電話からもご覧いただけます。