カテゴリー
   
HOME > 最新のお知らせ > 令和2年 干支のおはなし「子」
 

令和2年 干支のおはなし「子」

今年は「令和2年庚子(かのえね)」の年です。元号の始まりである「大化」から数えて248番目。

天皇は神武天皇から数えて126代目となり、西暦では2020年、日本の暦では2680年となります。

 

それでは、干支を見てみましょう。

 

昨年の「亥」で干支が一巡し、今年は干支の始まりである『子歳(ねどし)』です。

『子』は動物では「鼠(ねずみ)」が当てはめられ、時刻は午前0時、24時間の「始まり」です。

『子(ね)』は「種子(たね)」を表し、これもまた植物の「始まり」を表し、

『子(こ)』は「子供」の『子』を示すので、これも人間の「始まり」を示します。

つまり、物事の「始まり」や「誕生」を表すのです。

 

「種子」は、そのまま放っておくと、千年や二千年経ってもそのまま変化することはありません。

皆さんは埼玉県行田市の「古代蓮(こだいはす)」をご存知でしょうか?

ある時、地中深く眠っていた推定三千年前の「種子」が掘り起こされ、翌年自然発芽したものなのです。

また、一時、絶滅したと思われていた井の頭恩賜公園、

井の頭池の「イノカシラフラスコモ」や「ツツイトモ」の水草の群生が、昨年60年ぶりに繁茂しました。

このように「種子(またはそれに当たる核)」は「土壌」や「水」「光」などなど、

「発芽」するために様々な条件を必要とはするのですが、

逆に条件さえ整えば、やがて大木になったり、綺麗な花を咲かせる可能性を秘めているのです。

「子は宝」という言葉には、こうした意味も含まれているのではないでしょうか?

 

今年は、皆様がお持ちの「夢」「目標」「希望」等、

数々の「種子」に合う「水」「土」「光」を与え「発芽」させる時なのです。

放っておいたら何の変化もありません。

初心に立ち返る事の大切さに気付かせてくれるのがこの『子歳』なのです。

 

日本も新たな年を迎えました。

「大」きな「和」と書いて「大和(やまと)」と読む、日本の「初心」に立ち返る年、

そして物事を新たに始める年にしたいものです。

 

第36世宮司 鈴木邦房

 

川口氷川神社

インスタ
048-252-5483

OPEN|9:00~17:00

※ご祈祷・ご朱印受付は16:30まで

鎮守 氷川神社
〒332-0031 埼玉県川口市青木5-18-48
【最寄り駅】
JR京浜東北線 【西川口駅】より徒歩25分
地下鉄【南鳩ヶ谷駅】より徒歩20分
駐車場:32台完備

鎮守 氷川神社では、安産祈願、お宮参り、七五三、厄除け、方位除けなどの社殿祈願をご希望の方はご予約が必要となります。
また、会社等、法人の祈祷(社運隆昌・安全祈願)も承っております。

Copyright© 2019年 – 2020 埼玉県川口市 All Rights Reserved.