七五三
七五三― 七つ前は神のうち子供の無事と成長を願う ―

七五三詣成長奉告祭とは、生まれてからこれまでの無事に感謝申し上げますとともに、今後の健康と無病を祈願する、古来より行われてきた人生儀礼の一つです。
わが国では昔からこどもは“七つまでは神のうち”といわれて来ました。
これは七歳になるまでの子どもは神様の世界に近い存在であると同時に、まだ現世では力が弱く不安定なものだと考えられました。
そして七つを過ぎると正式に人の世界に入ったとみなされたのです。
3歳の男女は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳の男児は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳の女児は、それまでの紐付きの着物に代わって、
大人同様の着物を着る「帯解(おびとき)」の名残りです。

『髪置』・・・三歳の男児・女児 『袴着』・・・五歳の男児 『帯解』・・・七歳の女児
お参りの時期は10月中旬~11月下旬、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)

本来、七五三は11月15日に住んでいる地域の神社やお寺に参拝します。
最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭も増えています。
参拝したあとは、「長く伸びる」と長寿を象徴する縁起の良い千歳飴を子供の年の数だけ福袋に入れて、親族やご近所に配り、挨拶まわりをします。
お祝いしたい気持ちから、遠くの有名な神社まで足を運ぶ家族や、スタジオで記念撮影をする家族も増えています。
前撮りやロケーション撮影などのサービスをうまく使い、当日はゆったりプランで過ごすのもおすすめです。
ぜひ鎮守氷川神社にてご家族の皆様でお祝いしましょう。
当神社では、厳粛かつお子様方が楽しめる、神事やお祓いした授与品(おみあげ)をご用意してお待ちしております。

七五三
授与品
授与品(おみあげ)をご用意しております

◎御祈祷時間・・・朝の9:00~夕方5:00まで30分ごとにご案内しております。
※ご案内時間の5分前に受付を閉め切ります。それまでに受付をお済ませください。
【初穂料】
五千円・一万円~とお分けしております(授与品が変わります。神事は同一です)。
それぞれお祓いした授与品を『オリジナルキャンバスバッグ』に入れて差し上げます。
【ご予約について】
要予約  (年間を通して承ります)
※10月の最終週、11月中の土日祝日(14:30まで)は必要ありません。
なお、15:00以降は結婚式等の御祈願が入ることがありますので、15:00以降にご希望の方は電話にてご確認ください。
TEL:048-252-5483 (鎮守氷川神社社務所)

予約のなしの日カレンダー